小学生のころ左利きがかっこいいと思ってた件について

はい、右利きです。

 

ちょっと思い出したから聞いて!!

面白くないけど思い出したんだよ。

 

「左利きかっこいいーーー!!」

 

って小学生の時めっちゃ思ってたんだ。

 

なんでそう思い始めたのかは全然覚えてないんだけど、

事あるごとに左利き風なオーラを出そうとしていた。

 

まずありがちなところで言うと、

「給食のスプーンを左手で食べだす。」

ちなみに今思い出すとスプーンですらうまく使えなくて、

顔で食べにいってるようにしか見えなかったと思うww

 

他にチャレンジしたので覚えてるのは、

「ペットボトルのふたを左手で開ける」

左手でキャップを回すんじゃなくて、右手で本体を回してた。

 

さらに

「消しゴムを左手で消す」

ピンポイントで消したいところが消せない!!

消さなくていいところも消すし、なんかノートがぐしゃってなってた覚えがあるww

 

「トランプをシャッフルするとき、左手でやる」

もちろんトランプが空中にばらまかれた。

 

「醤油を左手でかける」

絶妙な量の調節が不可能に近い。

卵焼きが醤油漬けになる。ただただ怒られたな。

 

色々やったもんだ。昔のおれよ。

 

でも知ってたか?

利き手と逆の手を使うことは、かなり脳にいいことなんだよ。

右利きは左脳、左利きは右脳をよく使うといわれる。

つまり利き手と逆の手を使うことで、普段使わない方の脳を使うことができるのだ。

 

芸術家に左利きが多いというのもこれが理由だろう。

右脳は芸術の脳って呼ばれたりもするからね。

どおりでおれ絵がめっちゃ下手だと思ったよ!!

おれが右利きだからだ。センスがないとかそういう理由じゃないんだー!笑

 

さらに天才は左利きに多いという話がある。

日本は右利きが多いため、色んなものが右利き用につくられている。

だから左利きの人も右手も使わざるを得ないのだ。

普段使わない手を使わされて、無意識に考えて動かしたりするからめっちゃ脳にいいということらしい。

 

てことをふまえて思った。

 

「両利きって最強なんじゃないか!?」

 

どっちの手も使うってことだ。

片方の脳ばかり偏って使ってない、バランスよく脳を使えてるとしたらすごいんじゃないか。

 

「どっちの脳も発達して、なんでもできるスーパー人間になるんじゃね?」

 

今からでも遅くはないはずだ!!

両利きを目指そう!!

そして右脳と左脳を最大限使って、すごいことを考えてやるぜ。

 

 

小学生のときから左手使うの続けてたら、今頃ジョブズみたいになってただろうな。

ブログを読んでる君もまだ間に合うぞ。

 

じゃあな、未来のジョブズ。

 

以上

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です