【やけ食いでストレス発散】 デメリットとやめる方法は?

やあ。

「最近どう?ストレス溜まってる??」

「夏休み最終日の宿題並みにたまってます。笑」

 

こんな世の中だしね。ストレスもたまるよ。

そういうときおれはたまーに

「くそー!!やけ食いしてやるー!!」

 

って言って食いまくることがある。

 

良い子はまねしないでね。

まあなんとなく一時的には忘れられるような気がしなくもない。

 

でも実際やけ食いでストレス発散できるんだろうか?

調べてみた。

 

なぜストレスがたまると食べたくなるのか?

まずなんでやけ食いするのか。

ストレスがたまっていらいらしたりするときって、脳が働きまくってるときだ。

 

だから脳を休ませたいわけだ。

じゃあどうすればいいかっていうと、別のところを働かせればいい。

身体が本能的に働いちゃうところがいいよね。

 

そこで消化っていうのがでてくる。

胃に食べ物いれちゃえば、意識しなくても勝手に身体が消化しようとするじゃん。

そしたら脳は余計なこと考えずに、消化する方に意識がいく。

 

まあ簡単に言うとこんな感じだと思う。

 

「じゃあやけ食いって悪いことじゃないじゃん!!」

さすがにそこまでは思わないとだろうけど、よくない所を説明する。

 

やけ食いのデメリット

さっき話したように、食べて脳を休ませようとするのは悪くない。

むしろ、

「今日だけやけ食いして忘れる!!」

っていうならそこまで悪い方法じゃないと思う。

 

ただまずいのは、それが習慣化してくることだ。

食べること自体は難しくないことだから、ストレスたまったら食べればいい。

身体がこれを覚え始めるとやっかいなことになる。

 

まず単純に体重が増える。消化不良に陥る。過食症になる。

そうなると痩せなきゃってなって、食べるのをやめようとすると思うんだけど、

今度は食べないようにするのがストレスになったりする。

それでまた食べちゃって、食べちゃったことにストレスを感じるようになる。

 

ここまでくると、もう完全に負のスパイラルに突入する。

じゃあなんとかしないとって話だ。

 

やけ食いしないようにするためには?

食べるときの意識を変える

やけ食いが習慣化するレベルの人は、食べることが悪いことってイメージになってる恐れがある。

本来、食べることは良いことだし、楽しいことなのだ。

そう思わないって人はたぶん、

 

・何か考え事をしながら食べる。

・別のことをしながら食べる。

・時間をかけないで食べる。

 

こんな食事の仕方をしてるんじゃないかと思う。

要は、食事を味わって食べてないってことだ。

 

そりゃ何かする片手間で食べたり、嫌なこととか考ながら食べてたら、味なんかわかるわけない。

時間かけてないってことは、よく噛まないでただ胃に物入れてるってことだ。

胃に入れるだけが食事じゃないってこと。

それなら味なんか関係なくていいはず。

 

食べ物を味わって、「おいしい」って感じるだけでもリラックスできる。

味わおうって意識するだけで、食べる量がだいぶ変わると思う。

 

別のストレス発散する方法を見つける

これはもう当然だけど、ストレス発散する方法が食べることしかないってのが問題。

他にもリラックスできることはいっぱいある。

マッサージとかエステ行ったり、買い物とかおしゃれなカフェとかでもいいと思う。

あとは運動しにいくとか。軽く身体動かすだけでもいいと思う。

 

おすすめは、絶対散歩!!

前の記事でも書いてるから興味があったら見てほしい。

悩みのある人におすすめ!散歩のメリットや効果をまとめてみた。

 

あとは男性メインかもだけど、個人的にこれも面白かった。

野球初心者は160kmのボールが打てるのか!?挑戦してみた。

 

まあなんにせよ趣味のようなものが見つかると、やけ食いとかは間違いなく減ると思う。

食べる以外のことをやってみようって話だな。

 

まとめ

・一時的なストレス発散としては、やけ食いは悪くはない。

・習慣化してくると、デメリットが多くなってくる。

・やめるためには、食事の意識を変える。

・ストレス発散できる他の方法を見つける。

 

人によってストレス発散方法は違うから、色々やってみるしかない!!

食事は1人でしないで、誰かと一緒にするのもいいかもしれない。

 

書きながら、おれも最近味わって食べてないかも。。。

って思ったから気を付けます。

 

以上。

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です