なぜか何をやっても上手くいかない。そんな日に読んでみてほしい

はい。

 

今日はね、ほんとに何やってもうまくいかなかったね。

たまにはそういう日もあるさ。

ほんとに全部裏目にでたって感じだった。

 

だが一つ学んだことがある。

こういう日の選択というのは、とことん間違えているということだ。

どんなに頭を使って考えて出した結論でも間違っていることが多く、しかもその流れは1日中続いた。

 

正直かなり萎えた。

 

そしてこんな日は早く家に帰るべきだと思い、すぐ帰宅した。

 

だがしかし。。。

 

こういう日は

家の中でも大変な目にあうのだ笑

 

 

まず帰ったところで転んで思いっきり頭を打つ。

水を飲もうと思って、グラスを落として割る。

プロテインを飲もうとして、ベットと絨毯の上に全部こぼす。

やけ食いと思ってポテチを食べたら、なぜか歯茎に刺さりこむ。

歯茎気にしながら食べてたら、思いっきり舌をかむ。

こばした布団を干そうとして外に落とす。(部屋は2階ww)

 

ちなみに家についてから1時間半の間に起こったことだ。

家に帰ってからの1時間半の濃さ!!笑

 

かつてこの時間内にこれだけのことをした人はいるんだろうか??

 

というところで少し冷静にみてみると、

「いや、案外大したことないか。」

 

なんか上手くいかないと頭で思い出すと、

「上手くいかないことばかりに気づきまくってしまうのかもしれない」

 

転んだりこぼしたりは、まあたまにはあるだろうし。

夜に敷布団を外に干そうとすれば、まあ重いし見づらいし落とすこともあるだろう。

ポテチに関しては、よく考えれば、逆に今まで生きてきて刺さったことがない人の方が少ないんじゃないか。

 

あれ?やっぱ普通だな。

うん、やっぱりその程度なんだな。

 

「なんか上手くいかない」というのは、

なにか上手くいかないことがたまたま続いたときに、普段なら気にもしないことでも、思い通りいかないと認識してしまう。

逆に言うと、上手くいってることもあるのに、そこには目がいかないってことだ。

 

だいたい舌かむことくらい普通にあるだろ。

 

これと反対で、「なにやっても上手くいく」って日もあると思う。

こっちも同じで、普段当たり前なことでも、全部上手くいってると認識してしまうのだ。

上手くいってるっておもってれば、多少上手くいかないことがあってもそこにフォーカスしたりしないのだ。

 

そう考えたら、上手くいってるって考えてた方が絶対いいな。

良いことにばっかり意識できるようになったら、毎日スーパー楽しいし、考え方すら変わりそうな気がする。

 

むしろ今日みたいな日にこそ、良いことを意識的にでも探すべきだったのかもしれない。

よし、そういう癖をつけることにしよう。

つまりポジティブ!!

 

ということで、ネガティブな記事のスタートから、まさかのポジティブに着地するという今日の終わりだった。

 

以上。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です